ゴールデンウィーク!お出かけするならこれに気を付けて!

おなじみコルギの愛ちゃん って、サーフィンとかするんですけど、いわゆる「ザ・サーファー」みたいな焦げてる感じとか全然しないんです。

「え。サーフィンやってるとか信じられないぐらい白いよね?」

っていうと、

そんなことないよ~焼けてるよ~

でもねー

わたし、海からあがった後に、とりあえず全身にオイル塗りたくるんだよね。それがみんなと違うとこかもー

それやってると、やっぱり周りの焦げ方と全然違う。

.
.
.
.

全身にオイル塗りたくるんだよね

.
.
.
.
.

オイル塗りたくるんだよね!!

.
.

そう言ってたことを私は忘れません。

そういや・・・理恵ちゃんも、

ミストラルで昔発売してたボディオイルをさんざん塗ってると、あっさり日焼けが戻る!
(りえちゃんは夏は黒くいたい派なので軽い苦情です)

と言ってました。

いや・・・私もですね、秘境に旅行にはいきますけど、海ってそんなに行かないんですよね。
旅行に行くとき、一つしか持っていけないとしたら絶対にリペアオイルです!と豪語してるだけあって、顔には旅行中、それはそれはしっかりリペアオイル塗ってます。

でも海大好きなこのお二人の言葉を聞いてると・・・・

とりあえず、ビーチ行った後は、顔にもボディにもオイルばっしゃーぬっとけ!!!

それだけで全然違うから!!!

ということを思い知らされます。本当に愛ちゃん焦げてないもん。サーファーなのに!

このゴールデンウィーク、海なぞいかれる方は、ぜひ顔にはリペアオイルたっぷり、ボディにはお手持ちのオイルにちょっとリペアオイル混ぜるなどしてばっしゃー塗ってくださいね。
リペアオイルを全身に塗れればそれはそれはいいですけど、なかなかそうもいかないですよね。
ホホバでもスクワランでもオリーブでも、なんでもいいので(できればオーガニックとかではなく、より精製されているもの)にリペアオイルを混ぜることで抗炎症効果やセラミドをプラスできますので!

愛ちゃんは、お店で使ってるアルガンオイルを全身に塗ってるはず。贅沢!

海とかは行かないですけど、出かけます~
という方も、ぜひ!ぜひ!日に焼けたぞ!肌出してたぞ!というところには、夜たっぷりオイルぬってくださいね☆
あ?ここ油田かな?ぐらい塗っていいですよ。もう私なんぞ、飛行機乗る時とかテッカテカですよ。リペアオイル&バリアミルクで油田ここにあり状態。

あと、全然関係ないんですが、旅行におススメしたいのが、apple純正のこの「Smart Battery Case」というiphoneケース↓

旅行中ってどうしても充電なくなりがちじゃないですか?そんな時にむちゃくちゃ心強いです。
で、iphoneを優先的に充電100%の状態にしてくれるので、私はよくケースだけ充電して、iphoneは手元で操作・・ってやってます。
このケースをプレゼントでもらって、旅行の時にいいなと思ってたら、もはやもう手放せなくて日常的にこれ。
おススメでーす。

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

皮膚常在菌のお話し~野嶽先生と冨田先生にお会いしました~

ミストラルでは、以前から皮膚の常在菌を大事~~と思っていて、いやもうなんなら一番最初に作った保湿液のメインコンセプトはまさに

「皮膚常在菌を整える」でした。

さて、今一度「皮膚常在菌とは、なんぞや」ということなんですが、皮膚の上にいる様々な菌の総称で、例えばニキビの原因になるアクネ菌なんかも常在菌の一種です。

この常在菌には、おなかの中の大腸菌と同様「善玉」と「悪玉」がいます。
アクネ菌はニキビの原因ということで有名なので悪玉菌と思われがちですが、実は善玉。
アクネ菌は誰の肌にも存在していて、量とか種類とかによってニキビになりうるんですね。
そして、他には「表皮ブドウ球菌」というのも善玉菌ですが、名前が似ている「黄色ブドウ球菌」というのは悪玉です。

アトピー肌はこの黄色ブドウ球菌が多いといわれていて、しかも、一度悪玉が増えた環境ができてしまうと、なかなか善玉が挽回するのが大変。

だから、善玉菌が心地よい環境をつくろうぜ~!というのが「スキンディレクション」の元々のコンセプトなんです。

ということで、皮膚の常在菌関係の情報はわりとウォッチしているのですが、以前にこんな記事を書いたことがありまして。

ぶしつけなメールにも、丁寧にご回答いただいたあの野嶽先生が、長崎国際大学から岡山理科大学に移籍されたというご連絡を頂いたので
岡山行ってきましたーーーー!

夜ごはんもご一緒したのに、こんな写真しかないぐらい、ずーーーっとしゃべくりまくってまして。↑
10年前外車ディーラー営業時代に着ていたトレンチコートをいまだに着るわたし。高名な先生と会うっつーのに、MA-1とかレザーブルゾンとかしかなくて、慌てて眠っていたトレンチ引っ張り出してきました。

さらに、岡山大学の冨田先生にもむりっくりアポをとりつけまして。
冨田先生は、2年前に学会でご講演をされていたのを聞いたことがご縁でして、

アクネ菌のゲノム解析(遺伝子解析)

をされている先生です。

アクネ菌は誰しも持っていて、それ自体は悪者ではないという話をしましたが、まさにそのアクネ菌をゲノム解析することによって、
ニキビ肌の人のアクネ菌と普通肌の人のアクネ菌の違いを調べました!というご講演でした。
アクネ菌をゲノム解析したのは、冨田先生が初めてだそうで、とっても興味深かったんですよねー
そのうち、ニキビ肌の人が特有で持っているアクネ菌の遺伝子対策の成分なんかも開発されるかもしれませんね。

アメリカ(冨田先生はアメリカに留学していた)は約10年前とーーーってもとっても進んでいたけど、今はあらゆる最新機器を中国がわさーっと買っていく!

なんてお話しもあったりで、やはり・・・存在感ありありの中国。

私は、ゲノム解析って、つくづく「予防医学」だなーと思っていて。
これから、生まれた瞬間に、「あ、ここ病気になりそうな遺伝子持ってる」って即座にわかって、対策とれちゃったりする世の中になってくるかもしれませんが、そうなってくるとやっぱりぶち当たるのが、

人間の寿命が伸びるのって果たしていいことなの?

みたいな問題ね・・・・

もはや100年人生とか言われ始めている私たちですが、これがズンズン伸びたり、はたまた死なないなんてことが起きたり、遺伝子組み換えとうもろこしどころか、遺伝子組み換え人間とかも出てきたりしたら、それって人類にとっていいことなんだろうか?という・・・

寿命が延びるとして、めっちゃ老化した状態が長いのも嫌だから、どの年齢(見た目)を長くしたいですか~?とか、タラレバ話しつつ、楽しい夜が更けていきました。

野嶽先生、冨田先生お忙しい中ありがとうございました~☆

野嶽先生
http://renkei.office.ous.ac.jp/ousresnavi/#02_01_113

冨田先生
http://soran.cc.okayama-u.ac.jp/view?l=ja&u=e72057343659161974506e4da22f6611&a2=1000007&o=affiliation&sm=affiliation&sl=ja&sp=19

化粧品成分トレンドのお話し~in cosmetics global@ロンドン~ 

いやー今年も行ってきました。春のヨーロッパ出張。

毎年、4月にin cosmetics globalという化粧品原料の展示会が行われています。
in cosmetics自体は、時を変え場所を変えいろんなところでやっているのですが、化粧品原料マーケットはやはりヨーロッパが中心ということで、4月のヨーロッパが一番盛り上がります。
今年の開催地はロンドン、ちなみに去年はパリ、そして来年アムステルダム(楽しみすぎる)

原料メーカーとしては、ここの展示会に合わせて各社新しい成分を発表したり、リリースしたりして、各種受賞を狙う。
海外の原料を日本にひっぱってくる商社さんは、何か面白い原料メーカーがないか探す。
そして、私たちのような化粧品メーカーは、トレンドや新しい成分のお勉強に行く。

みたいな感じの展示会です。

ということで!
2017年わたくしが肌で感じたトレンドをご紹介したいと思います~

私が一番注目しているのは、「イノベーションアワード」と言って革新的な成分に与えられる賞で、ここで受賞した成分は、翌年の各社のプレゼンなどにむちゃくちゃ影響を与えるんです。

ちなみに、去年は「コルチゾール」というホルモンに着目した成分が受賞したのですが、それを受けてか今年はいろんなところで、「コルチゾール!」「コルチゾール!」って聞きました(笑)
結果的にストレスに関することなんですが、コルチゾールがなんかパワーワード化。

そして、やっぱり

大気汚染物質対策!!!

去年、なんかどこもかしこも「アンチポリューション」って言い始めたなーと思っていたのですが、今年は一家に一台ならぬ、もはや各社1つは「ポリューション対策成分」持ってる状態。
ご存じむちゃくちゃ空気の汚れた中国市場むけから始まったこのトレンドは、拡大を続けています。

日本ではそこまで大々的にトレンドとなっている感じしませんが、PM2.5とか黄砂とかって予想以上に肌を傷つけますし、ここ数年

「急に使ってる化粧品がなにもかも合わなくなった!」

とか

「急に吹き出物ができてなにしてもおさまらない!」

というご相談が急増しているのも、この大気汚染が一因になってるかも?と思ったりします。

実際、大気汚染物質に肌にさらされるとどうなるの?というところなんですが、

大気汚染→炎症&酸化→老化

大気汚染→ニキビ

大気汚染→バリア崩壊→敏感肌へ

ということになるわけで、実はとても深刻。

対策としては、

1.スキンケアでPM2.5や花粉、排ガスやタバコの煙などの大気汚染物質への肌の抵抗力を強くする

2.化粧下地や日焼けどめ、その他のメイクアップ品で肌にこういった物質が直接あたらないようにしっかり肌の上に膜をつくること。

が大事で、最近では微小な大気汚染物質にまで配慮された化粧下地や日焼け止めも多数発売されていますね。

ミストラルでは早くからこの「大気汚染物質」への肌の抵抗力を強める成分に着目し、例えばプラセニストの「オウゴン根エキス」や、EXPのペプチド「アクアタイド」、また、肌のデトックス機能を高める酵母エキスをデトキシマリンピールとスキンディレクションに配合しています。
(※「酵母エキス」って書いてあればどの会社の製品でもデトックスしてくれるわけじゃないので注意!)

大気汚染物質対策から一歩進んで、ニキビ肌対策の成分も多かったように感じました。
ただね・・・海外のニキビ対策成分って、うーこれは日本人にはきっついなと思われる劇薬系。
日本人って相対的に皮膚が薄くて敏感なんで、海外のニキビケアをそのままっていうのはつらいだろうなー

あと気になったは、美白するヒアルロン酸とか、なんかビタミンCをカプセル?に入れてる成分とかかなー

また、ここ最近増えたなーと感じるのは、「マリン系」と言われる海藻や藻のエキス。
海藻エキスというと、日本だと「スリミング(痩せる)」のイメージで主にボディ用製品の印象が多いと思いますが、最近では特にコラーゲン増やすよ!みたいなアンチエイジング系の訴求が主。

シークレットフィリングにも、コラーゲンの合成を促進させる海藻エキス「パジナパボニカ葉状体エキス」を配合していますし、
細胞にたまっていく老化タンパク「プロジェリン」をターゲットにして若い肌に戻す!というコンセプトの「アラリアエスクレンタエキス」も海藻の有効成分を油で抽出した成分です。
ただ…近頃の機能性のある海藻エキスって、値段が高いんですよね~それが難点。
でもミストラルは使うけど(笑)効果があるなら金額に糸目はつけないよね。だって私が使うんだから効いてもらわなきゃ困ります。

最後に、全世界的にこれからどんどん伸びるね!と言われているのは、やっぱりサンスクリーン(日焼け止め)市場。

日本では、紫外線で肌が黒くなってシミが~とか、真皮がダメージ受けてシワができる~たるむ~とかっていう「光老化」に対する意識が強いですが、欧米ではアンチエイジングというよりもまさに

「皮膚がん予防」

が主目的。
欧米は、日焼けした肌はバカンスに行ける証であったり、「真っ白い肌はなんかダサい」ということで、「日焼けはしたい」という風潮ですしね。
むしろ、焼けた肌をいかに維持するかみたいな商品もあったり、「日焼けした肌に見せる」いわゆる黒いボディ用ファンデみたいなのもけっこう薬局とかで幅きかせて売ってるのが日本では考えられないところ。
それでも、無防備に肌を焼いていると皮膚がんになるよ!ということで、サンスクリーン使用が啓蒙されています。

あと、個人的には「育毛」的な成分も散見しました。
やっぱり世界的に根深いよね・・・薄毛問題。
育毛剤って医薬部外品にすると、主成分がだいたいどの商品も一緒でほとんど差別化できないのが現状なので(医薬部外品はどのジャンルもそうですけど)、あえてミストラルではペプチドとか挑戦的な原料をごりごりいれていつか育毛剤を作ってみたいという野望はあります。

ただ・・・去年の秋に行った基礎研究大会で、めちゃくちゃ見たテーマ「フケ」に関してはそこまで対策成分がリリースされている感じがなかったです。

出張直前にテロがあったり、ロンドン大丈夫か!?という感じでしたが、日本からの出張者も多く、会場で立ち話をする機会も去年より断然多かったし、去年のパリよりも展示会自体も開放的な雰囲気でブースで話を聞きやすい感じでした。
いや前からね、ヨーロッパの展示会っておしゃれだなーって思ってたんですけど、ブースの中にこんなラボスペースがあったり↓

ヨーロッパっぽい・・・って思ったのがもう夕方4時ぐらいからシャンパンとかお酒バンバンだしちゃって、ズンチキクラブみたいになっちゃうんですよ(笑)特に大手。っていうか大手しかそんなことやってないんですけど。

そうそう、取引先さまとの食事会のお仲間にも入れていただき、私の隣アルビオンさんとクラシエさんという超有名どころに囲まれての「お前誰だ感(笑)」
ちなみに私の前はお食事会主催のホスト会社の社長さんというえーと・・・私こんないい席に座っちゃっていいんですかね?なんかすいません感満載でしたが、チョイスメニューをみんなで「これ試してみます~?はいどうぞ~」なんつって交換しあっちゃったりしてとっても楽しかったです。

想い出のアップルクランブル!@The Narrow(ゴードンラムゼイ系だよ!)

あとこれは展示会とは関係ないのですが、去年いきなり30品目ぐらいの成分を終売にした原料会社がありましてね。
もちろん大手さんもバンバン使ってたし、うちでも3商品ぐらい処方を変えないといけないという影響を受けていて(ビタショットの終売もその影響)けっこうてんやわんやな会社さん多いんじゃないかなーと思うんですよね・・・

ミストラルは、元々他社さんがあまり使わないような「珍しい・高い」原料をよく使うので、そういう成分はよく終売になるせいか終売に対する耐性が強い(笑)
終売なら、代わりに何入れようかなーと考えるのが楽しかったりします。
もちろん処方を変えるという事は、愛用してくださっていたお客様にとっては「新しい処方が合わないかも」というリスクがあるわけで、そこは本当に申し訳ないなと思ったりするのですが、原料終売という悲劇を進化に変えていけたらいいなーといつも思ってます。

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

春に気を付けたいこと(養生)

漢方中級、なんとかがんばっております。

中級でお世話になってる先生は、とっても愛らしい先生で「こんなことがありました~」みたいなネタを入れ込みながらの授業でなかなか面白く。
この間なんて、

その昔自由が丘に勤務していたころに・・・えーと、あの東方神起っていますよね?
そのマネージャーさんがいらっしゃって、喉にいい漢方を!!ということで「麦門冬湯」を処方したんですよ~
そしたら結構リピートしてくれて~(5人の頃の話と思われる)
ファンからもらってうれしいのは漢方って言ってましたー

なんて話もしてくれて、ほほーっと感慨深かったのですが。

今日は、

春ですねーーーーみなさん、春の養生(生活で気を付けること)覚えてますー??
私なんて、中華街で担担麺食べたり、ペペロンチーノが続いたりしてやばいなーと思ってたらおもいっきり、やられましたー(笑)
目は真っ赤に充血するし、デコルテがかゆくなって吹き出物もできたり~まさに風邪(ふうじゃと読みます)に襲われましたー
旦那も背中に吹き出物がすごくて・・・

なんてお話をされていて。

本気の漢方は個人の悩みに応じて細かくヒアリングして処方を決めていくものですが、ざっくりした四季の養生などの考え方は、すぐに生活に取り入れることができます。

でです。
皆さんお肌ふくめ、体調いかがでしょうか?
花粉の猛威は少しおさまったかな?という感じですが、それでもまだまだ飛んでますし!メタメタにされた大人の肌はそんなに簡単に回復しませんし!
個人的なことを申し上げますと、出張でいつもよりも気を張って緊張したり、食べ物が変わったり、時差ボケも相まって、とんでもなーくいろいろ不調。
もしみなさんも同じように花粉からの~なんだかいろいろできものできてる~体調がころころ変わりやすい~新年度で新しい環境に慣れるのつらい~とかあれば参考にしてみてください。

それでは本題。
春は何を気を付ければいいのかということなんですが、

春は、上半身の疾患に襲われやすい
肌荒れや皮膚のかゆみなどの身体の表面・皮膚の疾患が多く出やすく、
くしゃみ・鼻水・風邪なども多い

んーまさに花粉症どんぴしゃな感じ。

で、これらをなるべく避けるためにはずばり。

辛いものを控えよう。

ということなんですが、これ、単純に香辛料というだけでなく、ネギ・シソ・しょうが・大根・ニンニクなども漢方では辛味として分類します。
つまり、先生がやられたと言ってたペペロンチーノとか唐辛子&にんにくということで、辛味のダブルパンチなわけです。

こういう刺激の強いもの、どちらかというと冬に温めるために食べていたものは春は避けた方がベターということ。
えーと、かくいう私も、昨日ラーメンにごっついニンニクいれたら、さっそくアゴに2つ吹き出物が。しまった・・・辛味食べてしまった・・と思いました。

もっと細かく言うと、酸味(酢や梅など)も控えた方がいいんですが、これは春は「芽吹き」の季節で、これからどんどん成長しよう~というときなので、その時に強い酸味のものを摂ると「収斂」効果で邪魔しちゃうから・・・という理由からです。
でも、甘味(小麦・玄米・大豆・キャベツ・タケノコ・ニンジン)などなどを一緒に摂るならまぁよしとされています。

逆に食べた方がいいよ~というのは

ニラやモヤシなどの生長の早い野菜・雑穀・山菜など
春菊・セロリや菜の花などの春の旬のたべもの

だそうです。
ニラって辛味っぽいけどねーいいのか。

やっぱり「旬」を頂くというのは大事なんですねー

また、陰陽説でいうと、「陰」の季節である冬から、だんだんと春になって、「陽」が盛んになってきます。
そうすると、五臓でいう「肝」が高ぶると考えられていて、イライラしやすかったり、不眠や血圧の上昇、目の充血などの症状がでやすくなります。
また、皮膚、特にデコルテに吹き出物とかはまさに肝のトラブル!ということで、上記のような食養生に加えて、深い呼吸やストレッチ、アロマなどでリラックスする時間を設ける事も大事☆

ちなみにわたくし、もうこれ以上ないっていうぐらいデコルテが痒くて、肝が乱れてるなーと感じており、耳の中にもじゅくじゅくができたり、おりものの調子も悪いなーという肝胆湿熱状態なので、竜胆瀉肝湯を買いました。
これ、ものもらいとかにも効くんだそうです。
ただ、この漢方は高ぶってる熱をとる(冷やす)性質がありますので、足は温めたい私はまだまだ冷え取りソックス、手放せません。

とりあえず、肌かゆいーとか、吹き出物がーという方は、辛い物を今日からなるべく避けてみてね。

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

最近のアイブロウ事情

そういえばここ最近、アイブロウをブラシとジェルで描いてます。

両方ともNYXのもので、セフォラで買いました。
2016年に日本から撤退してたんですねー(知らなかった)

左はまさに一世を風靡した「ジェルライナー」みたいなイデタチ。
ちょっと前までメイベリンでもこんなのあったよね。
右はチューブに入ったジェルタイプ。

筆はこの2つを使ってます。

上はフィロソフィー(philosophy)というブランドのもので、もういつ買ったんだっけ・・・なんなら高校ぐらいの時かも・・というレベルの時代物。
フィロソフィーは日本では売ってないけど、日本以外の国ではデパートに必ず入ってるブランド。基本的にはスキンケアブランドなので、なんで私ブラシ持ってるんだろ・・?という謎。昔パレットとか出してた気がするんだけどなー

下はアディクションのブラシ。めっちゃ太くて、もう定番化した「太いまっすぐめの眉」を書くのに便利。

基本的に、わたくしの眉はもう瀕死なんですよね。
安室ちゃんの細眉が永遠だと信じてた世代なので、右眉とかもう半分しかないわけ。麻呂というか。こまいぬというか。
ということで、ペンシルで描こうとするともう書くとこ多すぎだしっ!!もう塗り絵だし!!!

めんどくさ・・・・

ということで、このブラシでベベーーっていう方が楽でして。

ちなみに、ここのところクッションファンデとかで「ツヤ肌」全盛ですが、ツヤツヤファンデのままでアイブロウ書いちゃうと

落ちますよ。
(ペンシルでもジェルでもなんでも)

眉毛だけはツヤツヤファンデの上にしっかりパウダーつけてから書きましょう~☆

そしてついこの間、ポマードクレヨンなるものをメイベリンで買ってみたんですけど、太眉むちゃくちゃ簡単に書けます。
まさにワンストロークで。

時間のないときにはいいかもです。
これ柔らかいので、「失敗しないように慎重に書く」というよりも、「割とざざーーっと書いて、あとで綿棒で修正」というアメリカのネイルサロンのような勢いのある仕事ぶりが向いてそう。



余談ですが、メイベリンのミューズでもあるジジハディットって眉、変じゃね?

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。