ヤマト運輸さんの時間指定枠が変わります

〇 6月16日よりヤマト運輸さんの時間指定枠が下記のように変更になります

12時~14時 →廃止
20時~21時 →19時~21時に変更

定期便で、12~14時をお選びいただいております方は、自動的に「指定なし」となります。
ご希望ある方はお申し付けください。

また、クロネコメンバーズにご登録いただくと、ファミリーマートでのお受け取りができるようになります。(代引き以外)
詳しくはヤマト運輸のHPをご参照ください。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/webservice_guide/uketori_off.html

昨今ニュースでも取り上げられております通り、再配達の削減にご協力いただけますとうれしいです。

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

ナノ化酸化チタンの安全性やら子供のアトピーを抑えるためにどうしたらいいのかなどなど

先週末の学会でのなるほどーと思った情報や先生に突撃して回答していただいた事をかいつまんでお届けします。

〇ナノ化酸化チタンの安全性はいろんな研究や論文はでてるけど、結局のところどーなの?

前提知識として、日焼け止めには、紫外線散乱剤と言われる酸化チタンや酸化亜鉛が使われていて、白浮きを防ぐためにナノ化された原料がよく使われています。吸収剤フリーのUVの場合は、これらの散乱剤のみで構成されていますが、吸収剤の入ってるサンスクリーンでも併用で入っている事がほとんどです。

このナノ化原料に関しては、安全なのっ!?という疑問が結構前からいろんなところで言われているわけですが、現時点で化粧品に使われるナノ化酸化チタンに関しては安全と言えるでしょう。とのご回答をナノ化原料が出始めたころから研究している先生から頂きました。
「まぁねーゆっても、ナノ化の酸化チタンとかってめっちゃ凝集するからさー。すぐ集まってくっついて分子量がおっきくなっちゃうからさ(笑)」と。

ただし、酸化亜鉛に関しては、亜鉛は金属なので汗などでイオン化する事など別の要因でアレルゲンになることはあるよね。ナノとか関係なく。ということでした。金属アレルギーの人は、かえって吸収剤のみのUVの方がいいかもねってこと。意味わかりますよね?

〇小児アトピーの発症予防についてのいろいろ

アレルギーが多い人はアトピーになりやすいと思われがちだが、実は逆。アトピーになってしまうと、アレルギーが増えるらしいです。
また、子供のアレルギー予防のためにピーナツや卵などのアレルゲン食物や特定の食物を妊婦の時から摂らない方法があるが、それは効果がないどころか、栄養失調などのリスクもでて有害。そして、摂ろうが摂らなかろうが子供のアレルギー発症には相関がみられない。
そして、産まれてきた子供にもアレルゲン食物をなるべく早く食べさせた方が、アレルギー発症は抑えられるとのこと。
あと、母乳もはやく卒業したほうがいいらしいので、母乳をさっさと切り上げてとにかくいろいろなものを幅広く、早めに食べさせることが大事だそうです。
意外とダニ対策してもあんまり変わらないらしいってのがわりと驚きだったのと(しないよりしたほうがいいとは思うけど)、秋冬生まれの赤ちゃんは春夏生まれと比べるとアトピーやアレルギー発症率高いらしいです。日照時間と関係あるとか。

で、結局のところアトピーをどう防ぐかなんだけど、早期のうちからきちんと保湿をすることが大事らしい。
結論。保湿している赤ちゃんはアトピーになりにくい。吸着精製ワセリンを使ったバリアミルクでの保湿、おすすめっす!!
私の友人ベイビーはみんなバリアミルク使ってます。

〇日焼け止めはやっぱり塗る量足りてない。最低2度塗りはマスト!!

前提知識として、SPF測定法では、2mg/㎠ となってるが、実情は約半分の 1mg/㎠ ぐらいしか塗られていないといわれています。
そうすると、SPF50の商品買っても、SPFは25になってしまいます。
よって、わたくしは、前々から肌に刺激のない範囲でなるべく高SPFを選びましょうとか、2度塗りしましょう!とかってこのブログでもお伝えしています。

今回、化粧下地・乳液・ジェル・スプレーという違ったテクスチャーでの実際のUV使用量テストを行った会社のリサーチ結果によると、

<顔>
UV下地   → 0.5mg (規定の1/4)
乳液タイプ → 0.3㎎ (規定の15%)
ジェルタイプ→ 1.2mg (規定の半分強)
スプレータイプ→0.5mg (規定の1/4)

<腕>
乳液 → 0.3mg (規定の15%)
ジェル→ 0.9mg (規定の半分弱)
スプレー→0.2mg (もはや1/10!!!)

ジェルの使用量が多くなったのは、やはり透明性が高いということと、ノビ広げやすいからってことじゃないかという。
でもねーーージェルってやっぱり焼けるんだよね。だからいくら塗る量多かったとしても全然安心できないと私は思ってる。

そして、驚くべきはスプレー!!!
腕にスプレーUVのみだと、もはや1/10しか塗れてないわけで、SPF50のものかったとしても、単純にSPF5になってるということですね。やばい。
スプレーはやっぱり髪用とかぐらいの用途がいいかもですね。

結論。
日常で推奨されているSPFは15ですが、SPFは塗る量によって左右されることを考慮すると、SPFは高めのものを使った方がよりいいし少なくとも、2度塗りはしたいところ!!
また、本当は暑いけど真夏でも洋服着ておく&帽子&サングラス&日傘などの物理的遮断大事。
日傘はとうとうサンバリアが壊れたので、ディノスの遮熱もしてくれる傘を去年買いましたが、涼しかった。
日傘はUVという役割ももちろん大事だけど、涼しくなるという事の方が真夏はうれしいですネ。

あと、個人的には、もはやSPF測定時の規定量変えた方がいいっしょって思う(笑)
実生活とかけ離れた試験方法での数値なんてやっぱりよろしくないよねー。

〇最近の化粧品アレルギー素材について

相変わらず、アレルギー報告トップはヘアカラーだけど、最近ではジェルネイル・防腐剤のチアゾリノンミックスなどなどの報告も増えてる。

チアゾリノンという防腐剤は、カビに強いので主にシャンプー・リンスやボディソープなどお風呂場で使われる製品によく配合されています。
また、パラベン敬遠しまくりのヨーロッパの方が良く使われてる気がするけど、アレルギー報告もすごくて、塗りっぱなしの製品には使わないようにしようという動きも。
ミストラルはパラベンとフェノキシを使い分けてる派で、チアゾリノン系の使用はありません。
防腐剤に関しては、一長一短あり、製剤によっても相性があるのでどれが正解と言い難い部分もありますが、パラベンを全排除して別の防腐剤に切り替えたら、逆に結構アレルギー増えるんじゃね?と思ってる口です。

あと、ジェルネイル・・・
けっこうアレルギーの報告あるそうで・・・合わない方、本当にご愁傷様です。

〇唇にメラニンはあるのか!?問題

これ、紫外線によくあたった唇は赤黒くなり、唇が薄くなるよーという花王さんの発表に、「唇にメラニンってあんの!?」みたいな感じの軽いバトルが勃発していて、結局のところどこに着地したのかよくわからんのですが、唇が黒ずんでくることに関しては、口紅の使用率も結構影響しているのでは?と個人的には思っていて・・・
まぁつまるところ、口紅結構しっかり使ってるのに、ちゃんとクレンジングがなされていなければ色素沈着するわけで、色調の変化については、口紅の使用とクレンジング方法もかなり関与してるのではないかなーと思いました。(ちゃんと口紅に対してポイントメイクアップリムーバー使ってる人ってどれくらいいるんだろ?)
どちらにせよ、唇もUV対策しといた方がいいよね。ということみたい。

〇バチルアルコールやキミルアルコールに抗炎症作用があるらしい byコスモステクニカルセンター

前提知識。
バチルアルコールは化粧品の安定化剤としてよく使われてます。アルコールフリーかどうかという質問でバチルアルコールがやり玉に挙げられているのを散見しますが、敏感肌の人が避けるべきは、だいたいエチルアルコール(エタノール)です。

ヨーロッパでは、昔からバチルアルコールやキミルアルコールに抗炎症効果があることが知られているらしく(私知らんかったけど)
紫外線ダメージの炎症を防ぐ効果があるらしい!!
だから全成分のバチルアルコールという文字を見て、え!アルコール!なんか怖い!と思わないでね。
コスモステクニカルセンターに私の同級生が勤めている事がこないだわかったので、うれしくて載せてみました。

〇お医者さんからみた化粧品の不思議

この学会は、皮膚科医の先生も結構参加されてるので、臨床のお話しを聞けるのがとても楽しいのですが、皮膚科の先生が

「ロドデノールの白斑の時にですね、僕は、同じ有効成分がローションにも、乳液にも、美容液にもクリームにも入ってるってことにびっくりしたわけです。
病院で処方される薬にね、有効成分が同じで、ローション・乳液・クリームとかっていくつも分かれてて、重ね塗りしましょうなんてことはないですから!」

とおっしゃってて、なるほどなーと思ったのと同時に、

私も自分で化粧品を作る前、それがすんごい疑問だったからミストラルはシリーズを通しての共通の成分などを設けてないんですよね。
有効成分同じなら、あとは水と油の分量の違いだからいくつも商品つくる必要も、買う必要もないじゃんって思ってまして。
そういった経緯で、mistralは個々の製品がそれぞれ違った成分で構成されているというラインナップになっております。

ロドデノールに関しては、以前にも書いたこちらの記事も参考にしてくださったらうれしいです。

ということで、簡単に今回の学会のまとめでした。

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

リペアオイル容器デザイン変わります

まだまだ続く容器デザイン変更。
順次下記デザインに変更になりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

.

.
.
ほんと、リペアオイルを発売した数年前は、花粉の時期を過ぎて暖かくなってくるとオイルって売れなかったんですが、今じゃあ真夏でもリペアオイル、けっこう売れるんですよねー
それだけオイルケアが浸透してきたってことでしょうね。

そうそう。いつも浮気しても、戻ってきてくださって「他社さんのこれがよかったです!」と私の参考になる情報をたくさん送ってくださるお客様が、「リペアオイルはあんまり好きじゃなかったけど、シークレットフィリングは最高だった!!」とこの間感想いただいて、うれしかった~☆
オイル製品というくくりは同じですが、リペアオイルとシークレットフィリングってほんと、全然違うんですよね。

ともあれ、わたくしもう名刺の肩書に「オイルの魔術師」って書いちゃおうかなというぐらい、オイル処方には自信あり。
リペアオイルにしても、シークレットフィリングにしても、油性の有効成分をこれだけ配合してる製品ってほんとないですから。
あと、水系製品にはあえてオイルは入れず、水系は水系、オイルはオイルと分けて、基本的に界面活性剤を使わないのもミストラルの特徴です♪

.
.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

アイパーフェクション リニューアル前の終売セール開始しました

アイパーフェクションがリニューアルすることになり、在庫一掃セールを開始しました!
40%オフで本体価格4800円となっております☆

アイパーフェクションは、トライアルサイズがなかったので、試してみたいけど・・・とためらっていた方!ぜひこの機会にどうぞ~!

さて、ここのところ化粧品業界では「シワ」がホットワードですね~
ポーラさんのニールワン(っていうシワを改善する成分で、リンクルショットに配合)に引き続き、資生堂さんもレチノールでなんとエリクシールからアイクリームを発売されるそうですね!
てっきりクレドポーかグローバルブランドあたりから出すかと思ったら!エリクシールブランドで出すとは思わんかったよー
「たくさんの方に使っていただきたい」という資生堂さんの気持ちが伝わってきますね・・・涙
レチノール、海外ではそれはそれは「がっつり」な商品がバンバン出てまして、やはり効くと思うんですが、結構合わない人も多い成分だから敏感な人は気を付けましょうね。
愛ちゃんは「絶賛首に塗ってみようかと」と言ってました。確かに首のシワとかにはいいかも。ほんとあの人面白いわ。

さて、目元のシワって確かに気になるところで、年齢が出るところではあるのですが。
乱暴な言い方をしてしまえば、小さいシワは、死ぬほど保湿してればある程度消えます。いわゆる目元って乾燥小じわが多いので。

でもさー、目元で気になるのって、シワだけじゃなくね?

ってところから開発し始めたのがアイパーフェクションでして。
いや・・どちらかというと、私、シワよりも断然クマとか目の下のたるみの方が気になってまして。

▷目のクマ
▷目の下のたるみ
▷まぶたがたるんで目が小さく見える
▷まぶたが腫れぼったい

こんなお悩みをターゲットにして作ったのがアイパーフェクションです。(もちろんシワもやりますが)

アイパーフェクションは、目元のリンパドレナージュ!滞りを流す!っていうイメージが強いので、

クマが気になる・目元をすっきりさせたい → アイパーフェクション

目元をふっくらさせたい → シークレットフィリング(膨らむヒアルロン酸配合)

今は特に目元に悩みはない → リペアオイルで保湿はしとこう

という感じで選んでいただければと思っています。
シークレットフィリング・リペアオイルという方は、顔全体に塗った後に、目元だけチョンチョンって重ね付けしてくださいね。

私個人的にはクマが結構深刻なので、特にクマ関連の成分はいろいろな角度から解決できるように選んで配合しています。

アイパーフェクションをより効果的に使っていただくために、よくいただくご質問などとまとめてこちらでご紹介しておきたいと思います。
これを読めばあなたも目元ケアマスターに♪

☆アイパーフェクションは朝も使おう!!

なんか・・・アイクリームって夜のスペシャルケアと思ってる方がちらほらいらっしゃるような・・・

もったいないです!

なぜかというと、朝も夜も使った方が効果が早く感じられるからです。
よく私が化粧品原料のデータを写真で載せたりしますよね?そういうデータも、必ず、1日2回塗布が原則です。
だから、朝も使わないともったいない!んです。

アイパーフェクションは、肌をピン!と見せる成分も配合していますし、それがある事でメイク崩れ(ファンデがシワに入り込む)のも防ぐ働きもあります。詳しくはこちら
他のメーカーさんの商品で「夜だけにしてね」と記載がある場合は、朝は控えてくださいね。

.

☆アイパーフェクションは顔全体に塗ってもOK! 特に「酒さ」の方はぜひ試してみていただきたく。

水系保湿 + オイル

という界面活性剤使わないスタイルの保湿をおススメしているミストラルですが、これからの季節、オイルは気分的につらい・・という方。
アイパーフェクションを顔全体に塗るというの、おススメです。

というのも、シワやたるみをどうにかしようとすると、コラーゲンやエラスチンあたりの真皮ケアが必須でして、そのあたりを重点的にケアする成分はもちろん顔全体に塗ってもいい。いやむしろ、顔全体に塗ったら、最強のアンチエイジングクリームになる。というわけです。

で、アイパーフェクションは特に「クマ」をターゲットにした成分が多いのですが、それって

血流とか血管系

のお話しになってきます。それらの成分は、「酒さ」にもわりと効果があるとされています。
これとかこれとか)

ですので、オイルは重いなーという季節のクリームとしての使用、おススメです!
プロパーだとかなり贅沢だけど・・・40%オフなら顔全体にも塗れちゃいますよね♪

また、アイパーフェクションはセラミドで乳化させたクリームで、全部が美容成分!というのがポイント。
ただ・・・セラミド乳化は通常の界面活性剤よりも乳化力が弱いので、たまに離水したりします。
なので、「ん?いきなり水っぽいのでてきたぞ?」となること、たまにあります。ゴメンナサイ。

.

☆「塗布」と「塗擦」は違います! 念を込めて塗りこむだけ綺麗になれる(はず)

何を使うかも大事ですが、「どう使うか」も超~~~~~大事です!!!
塗擦(とさつ)は「塗りつけて、すり込むこと」という意味ですが、ただ塗るだけと、きちんとすりこむのとでは、肌への効果が変わってきます!

ではどのように塗りこめばいいか?

アイパーフェクションは、まぶたの上のたるみにも着目していますから、目の下にも上にも両方塗りますよ~

<1>1プッシュとります。朝は半プッシュでもOK! 両目分です。

<2>目頭のまぶた側と下側からポンポンと4か所ぐらいにクリームを置きます

<3>まぶたの目頭から目じりまで。目の下はクマをマッサージするイメージで
目頭から目じりまできちんと塗りこみます。
マッサージをするときは、中指を使いましょう。人差し指では力が入りすぎてし
まいます。

<4>最後にこめかみを優しくプッシュしてリンパの流れを促します。

目元はですね、ちゃんとマッサージするように、クマよ~~~消えよ~~~シワよ~~~なくなれ~~~と唱えながら塗っていただきたいんです。

スキンケアは毎日の積み重ねですから!!
コツコツコツコツ、何を塗ったか、どう塗ったかで、絶対に差が出ます!

最後に。アイパーフェクションのリニューアルは夏を予定しています。
基本的な処方は変わらず、新しい成分が2つほど入る予定です。

今までご愛用頂いていた方はもちろん、使ってみたかったー!という方も、ぜひこの機会にお試しになってみてくださいね。

PC → こちら
スマホ → こちら

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

容器変更のお知らせ

先日よりクレイのラベルデザインが変更になりました↓

そして、スキンディレクションは、容器そのものが変更となります。
すみません・・昨日から今日にかけてありがたいことにご注文の数が多く、少し余裕をもってお知らせするつもりが、急なお知らせになってしまいごめんなさい!!

ポンプ式から、中栓式に変更になります。中栓とはいわゆる通常のローション容器によくあるこういうものです(写真は商品ではなくサンプルです)↓

以前から、ポンプからブシュッと飛び散るように出てしまってストレス・・・というお声を頂戴していたスキンディレクション。
やはり世によくある中栓式の方が使い勝手がいいということで、今回変更いたしました。

ミストラルは昔から容器選定でお客様によくご迷惑をおかけしていてすみません。
中身と容器との相性もあって、ご希望に添えないこともありますし、容器代はミストラル的に一番コストを抑えたいところなので、ある程度まとめて購入していて、すぐに切り替えできなかったりするのですが、なるべくお客様のストレスを軽減できるように努めていきたいと思っていますので、ご意見あればぜひお聞かせくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。