春をむかえるにあたり、日焼け止めで気をつけたいこと。

めっちゃ寒いんですけど、明日から4月なんですよね?

どうした日本、どうした地球。

皆さんからの花粉による肌荒れの悲痛な叫びやご相談もわっさり来ておりますが、紫外線もがんがん来はじめる季節です。

もう4月ってば、花粉&紫外線ってどれだけの試練?という。過酷すぎる。

ということで、毎年恒例になりつつありますが、サンスクリーン(日焼け止め)について書きます。

2017年、わたくしのサンスクリーンに関して申し上げたいのはこの3点。

1. みずみずしいジェルタイプはやっぱり焼けやすい

2.「石鹸で落ちます」は信用しない

3.2度塗りしよう!

まず。みずみずしいジェルっぽい日焼け止めについて。
「日焼け止めつけてるのに焼けてる気がする(身体)」という方、ヒアリングしていくと、だいたいジェルタイプ使ってますね。
ベタベタするの嫌、シリコンぽいなんか被膜感も嫌・・・・わかります。
わかるんだけど、やっぱり被膜感ある方が焼けないです。
だって・・日焼け止めって「肌の上に一枚のっける被膜」が命なんだもん!

毎年しつこく日焼け防止には「液状+パウダー」で被膜が崩れないようにすることが大事だよーーーって言ってるので、顔は皆さん大丈夫だと思うんです。
BBクリームの上にパウダーつけたり・・・してますよね?
化粧下地にSPF高めに入ってる&パウダーファンデ ・・・とかしてますよね?

でも、さすがにボディにはなかなか「液状&パウダー」って難しいですよね?
だからこそ、ボディは液状のみでしっかり被膜を保持してくれるものを選ばないといけないわけでして。

ジェルは・・・やっぱ弱いんですよねー。
もちろんつけないよりつけた方が絶対にいいですけど、比較的焼けやすいという覚悟は必要かなと思います。

続きまして。こちらも毎年騒いでるけど、

「石鹸で落ちます」・・・・信用できない・・・・

メイク品における「石鹸で落ちます」はまず信用してなくて、オイルじゃなくてもいいけど、とりあえずクレンジングはしましょう!!

とわたくしは必ずご案内しています。

そして、ボディにおける日焼けどめについても。
えーっと、その「石鹸」ってPhいくつのこと言ってます? アルカリじゃないと・・・とかですか?
弱酸性のマイルド~なボディソープじゃ落ちない感じです?
はたまた、手で洗います~♪な人と、ナイロンタオルでごしごしの人、全然落ち方変わっちゃわない??

とわたくしは思います。
最近あまりみかけなくなりましたけど、「日焼け止め専用クレンジング」なるものが昔ありましたね・・・
でもね、あれ、別に普通のクレンジングと一緒ですから~!

ですからわたくし、肌に合わなかったーというクレンジングはボディ用の日焼けどめクレンジングに使ってます。
捨てるのもったいないからね。

そして。最後の2度塗りについては今回お初です。

先日、「光老化」の勉強会でコーセーさんが

SPF値をきちんと出していただくために、弊社では2度塗りを推奨しています。

っておっしゃってまして。

わたくし、

わ!!!なんてナイスアイデア!!!
それもっと広めてコーセーさーーーん!
ガッキーに「日焼けどめは2度塗りダンス」でも踊ってもらい、最後に「せっきせー♪」ってなCMしちゃいなYO!!

と思いました。

よろしいでしょうか。
SPF値を測定するときって、規定量が2mg/㎠ 塗って測るんです。
ただ・・・これって結構な量でして、つまるところ、私たちが普段「こんぐらいかなー」って出して顔に塗ったり、腕に塗ったりしてる量って実際には全然足りてないんです。

つーまーりー SPF50って書いてあっても、塗る量が少なければ、SPF50出てない。

だから、私は肌荒れしない範囲で、SPFはなるべく高めを使おうと言ってるんですが。
ちゃんと規定の量近く塗れれば、よりいいよね!ということで。

2度塗り!!!

確かにその手があったなーーーと・・・・
これ、顔はなかなかね。下地2度塗りとかってメイク崩れの原因にもなりがちなので、無理に2度塗りしなくても「液状&パウダー」をしっかりやればいいと思うんです。
でも身体は2度塗りとってもいいと思うんです!特にレジャーでは!

もうなんなら、ノンケミカル(吸収剤なし)&ケミカル

の重ね塗りとかっていうハイパーな技もいいと思います。
(ノンケミの方が焼けにくい人っているよね)

毎年、ミストラルで日焼けどめ作って!と言ってくださる方が多くて、とても光栄なのですが、どう考えても私がつくるより、いま市場に出回ってるものの中から選んだ方がいいと思うので、あしからず。
大手さんの技術も本当に素晴らしいし、中小の会社さんもいいもの作ってらっしゃると思うので、ここにはミストラルの出番はない。と私は思ってます。

これは私が作った方が絶対にいい!効く!と思うものしか私は作りません・・・・

日焼けどめの選び方については、ちょっと前の記事ですがこちらをご参考になさってくださいね↓
http://jibunkoujyou.blog19.fc2.com/blog-entry-2854.html

基本的に私は顔はいつでも、カバーマークのコネクティングベースを日焼けどめ&下地として使ってます。
アネッサとかのゴリゴリのやつを顔には塗りませんよ~身体だけです。

それでは!
4月から新生活の方、素敵な幕開けになりますようお祈り申し上げます!!!

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

なぜソープフリーなのか?

ソープフリーとは、「石鹸成分を含まない」という意味です。

ミストラルの大切なメソッドの中に

石鹸成分で顔を洗わない

というのがありますが、先日「なんで石鹸で洗うとよくないのかもう一度教えてほしい」というご質問を頂きましたので、再度。

まず。石鹸というと、固形石鹸を思い浮かべる方が多いような気がします↓

ですが、実際には日本でチューブに入って売っている洗顔フォームもほとんど石鹸処方です↓

自分の使ってる洗顔料が石鹸なのかわからないという方はこちらを読んでみましょう。
その事をふまえまして。

その昔、まだ化粧品業界に入る前の私は、むちゃくちゃオーガニックや植物由来至上主義に傾倒していたことがあって、
界面活性剤のいろはもよくわからず、もちろん顔を洗うのも石鹸が一番安心・安全だと思っていました。
石鹸も思いっきりアニオン界面活性剤なんですけどね。

でも、石鹸で肌を洗うとうーんと肌がつっぱるし、なんか何を塗っても肌の内側が潤ってる気がしないし・・・と思いつつ、化粧品の専門誌などを読むようになったら・・・


(フレグランスジャーナル 2008・12)

これは、それぞれの洗浄用界面活性剤水溶液(10%)で洗浄後、テープストリッピング法により角層を回収し、NMF成分を定量したデータです。もうかなり前のデータなんですけどね。

テープストリッピングってのは名前の通りで、セロテープとかを皮膚にはって、はがして角質を採取する方法です。
そのテープにある成分を分析してるから、量が多いほうが肌のアミノ酸奪われてないよ~ってことです。

ラウレス硫酸Naというのは合成界面活性剤の代表悪玉としてよく言われる「ラウリル硫酸Na」にEO(エチレンオキサイド)付加して分子量を大きくして刺激緩和させたもの。
シャンプーとかによく使われていますよね。シャンプー解析サイトとかではボロクソに書かれている成分でもあります(笑)
ラウロイルグルタミン酸Naというのはアミノ酸界面活性剤です。
このデータはこの原料を開発してるメーカーがだしてるものだから、まぁそういうとこもなんとなく加味して見てアミノ酸界面活性剤を抜きにしても、ラウレス硫酸Naの方が石鹸よりも潤いを奪わないという結果なんですよ。

ミストラルのシャンプーの時に書いた記事に使ったデータをみてみても、
洗顔後の肌水分量のデータでも、石鹸ってよろしくないんですよ↓


soapっていうのが、いわゆる石鹸です。
ラウリン酸ポリグリセリル-10 >ラウレス-3硫酸Na >石鹸> ラウリルベタイン

たんぱく変性とかまで考えるとまたいろいろあるっちゃあるんですが、
やっぱり石鹸で洗顔するって、肌のうるおい結構奪うのねーということを私は感じまして。

さらにその後、勉強をすすめていくうちに、「石鹸だけが天然で安全」というのはやっぱり間違っていて、
「天然界にそのものとして存在しているもの」という定義でいくならば、脂肪酸をアルカリで中和させて作る石鹸って思いっきり化学合成品ですし、はたまた、天然界に存在してる・・というなら、石油っつか原油は立派な天然物だなと思った次第で、いまに至ります。
そして、天然由来だ石油由来だということよりも、不純物が少ないものが肌刺激がなく、不純物があるものは肌に悪さをするリスクがあるという真理も理解できるようになりました。

上に出てきたアミノ酸界面活性剤も、洗い上がりがヌルヌルしたりとか、人によってはかゆみが出たりとかもあったり、万能ではありません。
また、石鹸も石鹸でいいところもあると思います。
すべてが完璧な成分なんてないので。

でも、今の自分の肌が調子が悪いなー
乾燥が止まらないなー
石鹸が一番安全って聞いて使ってるのに肌つっぱるなーよくならないなー

と思ってるのであれば、やっぱり石鹸をやめてみるという選択肢があってもいいのではないでしょうか?

海外では、敏感肌用や乾燥肌用とかってけっこうソープフリー処方がメジャーです。
でも、日本はさっぱりした洗い上がりが好まれるし、お水との相性も悪くないので石鹸処方がメインです。
石鹸がよくわからない人は、しつこいようですがこちらを読んでください。

石鹸といっても、実際に商品になっている洗顔フォームなどはいろいろな処方の工夫で、マイルドな感じに洗いあがるものもありますし、
石鹸を一切否定するつもりもないのですが、
私は、石鹸成分をやめて肌の乾燥がずいぶんとおさまりましたし、肌の状態が安定するようになりました。

正直、「洗う」という行為はとても奥が深くて、製品をつくるのも難しいのです。
要らないものだけ洗い流して、うるおいは残すって、そもそも矛盾してる要素を両立させないといけないので。
だから、どれが正解って一概に言えるものではないし、界面活性剤も組み合わせ方や配合量によってかなり変わりますので、
解析サイトとかもあてにならないんです。

でも、

やっぱり洗うものって大事なんだなー
洗顔で潤いを奪いすぎたら、いくらそのあとに塗っても追いつかないよなー
洗顔変えただけでこんなに肌って変わるんだなー

という自分の実体験からのひとつの提案としてミストラルは「ソープフリー」を提案しています。

ご理解いただけたらうれしいです☆☆☆

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

花粉対策ケアとは?

「東京タラレバ娘」が自分のことすぎて直視できない笹本です。
直視できないとか言いながらすっげー見てるんですけど。
全然好きじゃなかった坂口健太郎の金髪にめっちゃドキドキしてるんですけど。
どこを切り取っても韓国アイドルにしか見えない!坂口様!
と思いのたけをtwitterでつぶやいたところ、原作のモデルもshineeのkeyくんだとかって教えていただいて。
だから名前もkey!!
坂口くん、金髪いいよね。黒髪のふわふわの時より全然いいし、あのツンデレ感もいいし、声がいい。
わたくし、最近男性の声フェチということがわかってきて、36年目の大発見です。

しっかしそれにしても、
「不倫 セカンド 独り身長すぎてしっくりこない」
独身女性全員どれかにあてはまるんじゃね?みたいな話を知人としててヤケ酒するしかない笹本です。

からの花粉です。世知辛い。
もう飛んでる飛んでるとは聞いていたけど、こないだ夜洗顔したら

げげげげげ 顔ヒリヒリするーーーー!!!

とあいなりまして、ヤツは確実にとんでる!!と確信いたしました。

来ましたよ。一年で一番肌死亡の季節。春だからウキウキ!とか言ってられないほどの肌荒れやらかゆみ。

よいですか皆さま。

花粉って肌バリア弱らせるからねーーーー!!
花粉症じゃない人も要注意ーーー!!!

花粉症の方はね、用心してるんでいいんです。もうこの時期のあらゆる不調を「花粉やがなっ!」と判別できます。
でも、問題は花粉症じゃない人。

なんか急にスキンディレクションがヒリヒリして・・

とか

アイクリーム塗ると目回りがかゆくなって・・・
なんででしょうか?

ってご質問を下さる方に

それ、たぶん花粉デス!!!

とお答えすると、

え!!花粉症じゃないから盲点でした!!

とよくおっしゃっられます。

そうなんです。
正月明けに「肌荒れしたーー」という方に「温泉で顔ばっさー洗いませんでした?」っていうメンタリスト並みの肌荒れ原因追及よりも断然わかりやすいこの季節のゆらぎ。

全部、花粉のせいだ。

ですよ。みなさま。この時期に突発的にかゆい・ヒリヒリする・しみる・肌に赤いプツプツが!はほぼ花粉の仕業と思って間違いないです。
ここから4月末ぐらいまでは、生理前のよろしくない状態が続く覚悟でいましょう。

やばーい!なんかおかしーい!なんかしなくちゃー!

って新しい化粧品にトライとか一番やめてくださいね。
一番弱ってるときに、新しい化粧品に替えるとか肌には酷ですので。
あ、もちろん生理前も新しい化粧品トライするのおススメしません。正しい判断できませんから。

ということで、花粉対策ここを気を付けよう!のお話しです。

1. 洗顔はほどほどに!

まず、これは冬の乾燥する時期全般に言えることなんですけど、Tゾーンなどの皮脂が出やすい部分を洗う事を意識して、他は軽めでOK。しっかり洗いすぎるとヒリヒリや乾燥の原因になります。
Tゾーン以外はクレイを肌にのせる量も時間も少なめにしましょう!

Tゾーンにクレイをベベっっと塗って、あとの部分は本当~~~~にかる~~~くクレイをささーーーーって撫でたら
もう洗い流してOKです。
なんなら洗い流すときの水でクレイをTゾーンから伸ばすぐらいの気持ちでもいいかも。
顔全体にたっぷりの量のクレイをのせて~、丁寧に顔にのばして~、とかっていらないです。冬だけは!

でもこの時期だけはどうしてもクレイがしみます!という方。
それでも、やっぱり朝も顔は洗ってほしいんです。
乾燥してると思ってても、やっぱり皮脂はでているし、その皮脂がずっと肌にいると全然いいことしない。むしろ過酸化脂質になって悪いことばっかりするようになるんで。
なので、クレイしみるよーという方は泡ででてくる洗顔とかに替えていただいて。

どこがおススメとかないんですけど、なんで泡ででてくる洗顔推しかというと、泡立てネット使わなくていいし(私はとにかくあれが不衛生で嫌い)ま・・・優しいじゃん?泡(笑)
これも同様で、Tゾーンから泡塗って、あとはかるーくで。
丁寧に泡をくるくる~とか顔全体になじませなくていいです。「花粉の時期は」ですよ!

商品選びに悩んだら、コレとコレ、どっちが肌に優しそうですか?と聞いてくださったらお答えします。
単一商品だけで「これどうでしょうか?」と聞かれても、比較しようがないし「相性なのでとりあえず気になったら使ってみてください」としか言えないので、1商品だけのご質問はご勘弁を。

2.洗顔後すぐのオイルでヒリヒリ軽減を!

花粉によってバリア機能が低下すると、化粧水や美容液などの「水っぽい」コスメがしみるようになります。
そんな時は、洗顔後すぐにまずオイルを塗りましょう!
オイルの後に、スキンディレクションやEXPなどを塗るとヒリヒリ軽減されるはずです。
しみない方は特に順番を変えなくても大丈夫です。
また、アイクリームがしみる場合もこの時期は、アイクリームをリペアオイルかシークレットフィリングで代用しましょう!

3.昨年のわたくし、バリアミルクにとても助けられました

某エステでも、「花粉の時期はワセリンが命綱です」とエステティシャンの方がおっしゃってました。
昨年の花粉の時期、私はひどい身体のかゆみに見舞われましたが、ワセリンをレシチンで乳化して使いやすくしたバリアミルクを塗るとピタっと収まりました。
夜は顔にもボディにも最後にバリアミルクをぜひ!
幼児湿疹にもおすすめですよ♡

これから温かくなってくると変な人も増えるから皆さんほんと気を付けてくださいね♪

それではよい週末をお過ごしくださいませ!

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

一重のアイメイクについて

こちらも最近ご質問があった内容で、他の方にも役に立つかも?と思い、シェアします!

一重のアイメイクについてのお悩み。

ビューラーでまつ毛上げてもうまく上がらない、すぐ下る
どんなアイラインもマスカラ も滲んでパンダになる
一重メイクってカウンター行ったり雑誌を見てもあまりピンと来ない
なにかいい方法ありますでしょうか?

このような内容のお悩みでした。

ちなみに申し上げますと、いまでこそくっきり二重のわたくしですが、実は大学ぐらいまで一重でした。
なので小学校の同窓会とかにいくともれなく整形疑惑をかけられますが、大学ぐらいから自然にだんだん右目だけ二重になり、最終的に左も二重になり・・・という歴史があり、「一重のメイク」は経験済みなのです。

前提として、日本では長らくぱっちり目がよしとされているような風潮がありますが、顔というのはバランス美なので、必ずしもぱっちり目がいいわけではないですし、大人になればなるほど、「世の中の流行り」よりも

「自分の素材をいかにうまく生かすか」のほうが大事ですし、
「自分の顔」を理解したうえで「美しく魅せる」ことが「オトナ」だと思います。

ということで、私が一重だったころと、今の「オトナ」としてのさじ加減を加味した一重メイクのお答えは以下の通りです!

☆ビューラーをしない

一重って、まぶたが覆いかぶさっているので、ビューラーしてもうまくあがりませんし、ビューラーしたまつげがまぶたにはりつくようになってしまったり、とりあえずあんまり美しくなかった記憶があります。
ということで、あえてビューラーなし。
そして、まつげの長さと太さを重視して伏し目勝負!が吉かと思います。

マスカラはお湯で落ちるフィルムタイプを使いましょう。
最近はお湯で落ちるものでも、処方によって微妙ににじむものもあるんですが、何度かブログでも紹介していますがロレアルのカールインパクト CLGにじまないですよ~↓

カールという名前がついていますがカールはしません。あしからず。

これ、本当にお湯だけでドロっと落ちます。
この「お湯にだけ反応」というのが大事で、本当は「お湯で落ちるマスカラ」はクレンジングオイルなどでは落とせず、一定の温度のお湯だけでポリマーが崩れるのが正しいはずなのですが、近頃、クレンジングオイルで微妙に落ちてクレンジング後に目の周りがくろーくなる!という「ニセお湯落ちマスカラ」も結構ありますのでご注意を!

ちなみに顔洗うときの水の温度に気を付けて!と騒いでいるわたしなので、お湯でおちるマスカラどうしてるの?という疑問もあるかと思いますが、

まずお風呂で手も顔も乾いた状態で一番最初にオイルクレンザーして、めっちゃぬるい水で洗い流します。

で、この時、全然マスカラ落ちてません。温度が足りてないから。

でも、このあと湯船に入っている間にマスカラふやけて、ドロドロ落ちてきます。
湯船に浸かっている間にボロボロマスカラを手で取って

シャンプー→ヘアマスク→洗顔→ボディ洗浄

です。つまるところ、クレンジングした後すぐには、マスカラ落とせてないんです。湯船が勝負。

で、ご返信で、

ロレアルはボリュームや長さがしっかり出るし、滲みにくい!
でも上下塗ると、くっつくようで、下はブラシも大きくダマになりやすく塗りにくい印象です。

というお声を頂きました。
私は、ロレアルのダマになる感じが好きなんですが、これはお好みでしょうね。
あと、私は上まつげはパーマをかけてるのであまりくっつくという印象はなかったのですが、確かにお湯落ちタイプは上下ぬると、くっつきやすいかもです!!

で、試行錯誤の結果↓

クリニークラッシュパワーロング
昔、滲みにくかった思い出を頼りに・・・
あっさりしたまつ毛でボリュームはさほどですが滲まない!ブラシも小さく塗りやすいのでこちらを下まつ毛に採用することにしました。

というご返信を頂きました!なるほど!!

究極的には、わたくし、上か下かどちらかしかマスカラ塗れないとしたら、下まつげだけに塗ります!!!
上まつげをビューラーしないなら、なおさらマスカラは下まつげが大事です。
下まつげの方が顔の印象変わるんですよ。
野田前首相とかも「下まつげ」の印象強い。わかりますか?下まつげがなかったらこの人の顔結構違う印象だと思うんです。

あと、ミスター下まつげといえば、銭形警部かな・・・笑↓

☆一重のアイライナー

色モノメイク品はけっこう韓国で買ってきちゃうことが多いので、日本で買えないものをご紹介しても・・・と思っているのですが、日本のメーカーだと、アイライナーは前からマジョリカマジョルカが好きっちゃー好きです。(何色もある方)
ただ、これ人によっては落ちる!というお声もあるので、メイベリンのハイパーシャープライナーのほうがいいかな?とおススメしたところ、メイベリンも滲んで落ちてしまったようでして・・・。
試行錯誤の結果、ベルばらのアイライナーが滲みにくかった!とお声を頂きました。

で、そういえば・・・以前に、目じりだけアディクションの赤いアイライナーにはまっていた時があったんですが、
アディクションのアイライナーはフィルムタイプで、落ちにくいうえに、もし落ちるときも滲むというよりも「はがれる」感じで被害が少なかったことを思い出しました。

アディクションの赤ライナーは目じりだけにひいていたのですが、黒ライナーであっても、一重の方は目じりだけに引くというのも素敵だと思います♪

あとですね、ムリにアイライナーをひかなくても、マスカラ(要フィルムタイプ)を塗るときにわざと上瞼の内側にマスカラをつけてしまう!というのもいいかと。
要はインラインをマスカラで塗ってしまうという事です。
これ、もともとボディブラウンがアイライナー忘れた時に、マスカラをアイライナー代わりにつけてみたら意外によかった!ってところからあのジェルライナーが生まれたという逸話があるぐらいで、マスカラってうまく使えばアイライナーにもなるんですよね。

☆アイシャドウはなくてもいい

一重だった時、いろいろアイシャドウ塗ってはみたんですけど、どうもしっくりきませんでした。
なんか、アイシャドウ塗った方が目が小さく見えるというか、腫れて見えるというか。
だもんで、一重の時は、アイシャドウなしで、アイライナー&マスカラのみが一番すっきり綺麗に仕上がった記憶があります。

私が思う一重のいい感じメイクは、デヴォン青木です↓

☆リップメイクを大事にしよう!

目には色を入れない分、唇は大事にしたい。
そして、遠目でも印象に残るのは目元よりもむしろリップメイクです!
美しい色の唇は遠目でも人目を引きます!
ここはひとつ、いまの赤リップ旋風に乗ってみて自分にぴったりの「赤」、自分を一番きれいに見せてくれる「口紅」を探してみてはいかがでしょうか~

というのがわたくしからのアドバイスですが、こちらのご相談者様、わたくしのアドバイスを元にいろいろと試行錯誤してくださっていて、
さらにそれをきちんとフィードバックしてくださって、私も勉強になりますし、本当に素晴らしいと思います!

常々思っているのですが、毎日いろいろな方がいろいろなご相談を寄せてくださいます。
わたくしも精一杯アドバイスとご返信を差し上げますが、それに対して、「アドバイスありがとうございました」ときちんとお礼やその後の状態をご返信くださる方は、心も美しいし、これからもっともっと美しくなっていかれると思います。

努力している人は美しい
自分に関わる人に感謝できる人は美しい

そう思います。

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。

日焼け止め(サンスクリーン)について

ちょうど、instagramのほうでご質問があったのでいい機会なのでこちらでもシェア。

まず、今までブログに書いたり、ミストラルの案内に書くときにもそうなんですが、

私が「日焼けどめ」というときは、「ボディ用」について書いています。

なぜなら、顔は基本いつだってカバーマークのコネクティングベースですし、顔について書くときは、「下地」という言い方をしています。

でも、これちゃんと分けて書いていなかったので今まで誤解を招いたいたかも・・・と反省。

わたくし、春になってきたらアネッサ~とか、海いくときはアネッサです~なんて言ってますが、それ、全部ボディのことです!!!

顔にはアネッサ使いません。

なぜかというと、基本的にボディメイン、ボディありきの日焼け止めって、べたつかないような処方になってるので(だって腕とか首とかベタベタしたらいやですよね?)そういうのを顔にぬると、つっぱったり、乾燥する感じになると思うので、顔には使わないんです。

あくまで、顔は化粧下地にSPFが入っているものが多いので、化粧下地を兼日焼け止めとして使っています。日焼け止めと下地、両方塗る必要はないのでね♪

顔は顔用のものをちゃんと使ったほうがいいですし、容量の多いボディメイン使いを想定しているようなものは、ボディのみに使った方がいいと思います。

誤解していた方、ごめんなさい!

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

blogbanner_234-60_0814a.jpg
※オフィシャルサイト・@cosme shopping各店舗のみが正規品となります。